つぶやき

投稿日:2016年02月18日 投稿者:

レコードプレーヤーのピックアップ・カートリッジには

それぞれ適正針圧があり調整しなければなりません。

アーム自体の針圧調整で2.5gに設定したあと

3個のデジタル針圧計で比較してみると3個とも表示が違うのです。

そんな比較はやったことがなっかたのですが

その差は0.3g強ありでどれが正確なのかと迷います。

特別神経質にならなければこれくらいの誤差は実用上で

問題になった経験はありません。

それよりもアームの針圧調整のやり方が理解できなくて

計器に頼る人も結構いるのですがまあいいか・・・・

(一昔前には3万円超えだったデジタル針圧計)

 

DSC09850

 

CDに比べLPレコードは音が出るまでに面倒な操作があるのは確かですが

多少の時間をかけてでも音楽を大事に聴こうとする姿勢が

「面倒さを逆に楽しむ」という現象につながっているとの解説もあります。

いろいろ情報を見ているとLPレコードの音は「やわらかい」「ふくよかな」

などと書かれている記事をよく見かけます。そして「眠くなる」もありますが

CDではカットされた音の高域周波数がLPレコードでは再生されるための

結果であるとするならハイレゾ音源なら同等かそれ以上であるにもかかわらず

このLP人気沸騰にはそれだけではないほかの理由も存在していることになります。

となればアナログの長い歴史は簡単に超えられるものではなく奥深く数値では

解明できない神秘的な現象さえあると考えたくもなります。

又それらを広く考えてみれば人としての大切な何かを置き去りにしてでも先を急ぐ

現代社会への警告かもしれないと思うのは自分だけではないかもしれません。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

LPレコードのクライオ処理の受付は梱包の都合上21日(日)の

午前中までにお願いいたします。