続・試聴中

投稿日:2016年04月15日 投稿者:

昨日よりDCD-2500NEの試聴を続けていますが時間経過と共に密度の濃い音が出るようになりました。

決して派手なデエモンストレーション的な音から始まったのではなくじわじわと前評判の高さを

見せつけられている気がしています。USB入力やデジタル入力をあえて排除しディスク再生に

特化したことはこの音を聞けば大いに納得できます。

DSC00328

ある記事にUSB入力の有無をどう評価するかですがどれだけの人がわざわざディスクを製作してまで

聞くのだろうかと述べていましたがいらぬお世話だと私は思います。

そうすることの価値観や別のメリットがあると判断するユーザーがいるから本機は開発されたのであって

気に入らねば他機を選択すればいいだろうと思います。

むしろデータのみをダウンロードした実体の無い音楽(解説も歌詞も何も分からない音だけ)を聞いて

本当にそれだけで音楽をしめるのだろうか・・個人的には疑問に思います。

LPでもCDでもライナーノーツは入っており解説文を読みながら写真にも目を通して聞き入るひと時こそ

実体を伴う音楽の本当の付加価値があると言えないでしょうか。

DSDディスク再生が出来るCDプレーヤーが当店での推奨品としての基本です。

現在までの推薦モデルPD-70に代わる新型プレーヤーの登場になるでしょうか試聴は続きます。