千二百年のむかし

投稿日:2016年06月03日 投稿者:

空海が嵯峨天皇から下賜され和歌山県の高野山に修弾の道場を開いたのが816年で今もって仏教の聖地と言われています。

ところが先日you Tubuを見ていたら古代遺跡で知られる岡山の熊山で地元の歴史家が「空海が道場の候補地として熊山に登り

一見して候補地になったもののある理由で断念した」と言っている動画を見つけ本当かな?と思っていましたが

熊山遺跡の管理をしている知人が「熊山町誌」に出ていると本を見せてくれました。

IMG_0200 (800x553)

弘仁3年(812年)空海がご入定地を選ぶため諸国を見廻り熊山に登り戒壇48 谷数48で

「弥蛇の本題にかなう、これぞ霊山である」と空海が認めたのですが

谷の数を改めたところ一谷不足していたため紀州高野山に弘仁7年(816)にご入定地を開基されたとなっています。

一谷不足していたのは同山に鎮座する油滝大明神・吉祥天女・大滝明神の三社が惜しまれて一谷お隠しになったため

47谷となり大師の心にかなわなかったと書かれていました。

もし熊山に道場が開かれていたら岡山は今頃どうなっているのでしょうかね・・・・

/////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

新刊買いました。

DSC00528 (800x600)