DSDダイレクト

投稿日:2016年06月23日 投稿者:

通常のCDプレーヤーのデジタル出力をPSオーディオのDSDAC JrでDSD変換しそのアナログバランス出力を

シングル伝送に変換してパワーアンプにダイレクト接続してみました。

DSDAC Jrはアナログ出力のレベルコントロール機能があるのでプリアンプを使わなくても音量可変が可能だからです。

プリアンプを使わない機器の接続を鮮度が高いと好む人もいますが優等生で説得力に欠ける軽い音は好みに合いません。

ですが今回は通常のCDをDSD5.6MHzにアップコンバートした音質変化の個人的確認もありトライしてみました。

CDプレーヤーはSACDでもDSDディスクでもなく通常のCDディスクを再生すのですから以前使っていた

MinimaxのCDプレーヤーの同軸デジタル出力をDSDAC Jrへ接続しました。

DSC00570 (800x457)

CDの5.6MHzDSDアップコンバートはハイレゾ音源ではないもののPSオーディオの音作りの旨さもあるのか

その音は圧巻以外の何物でもないくらいの変化にデジタルの怖さを思いっきり知らされた気がします。

となれば全ていいように行くかといえばそうではありませんでした。いろいろ聞いているうちに

やはりプリアンプを通さないため軽い腰高のバランスが気になり始めました。質感は無茶いいのにバランスが今一・・・・

こうなるとパワーアンプを入れ替えてみるしかありませんから4機種のアンプを聴き比べました。

本日の最終チェックでこれなら行けるとなったのがKT88ppでした。

通常の使用ではもう少し明瞭度が欲しいので何とかしたいと思っていたアンプがうまくバランスしたのです。

これは行けそうだしばらくこれで聴いてみよう・・・