リマスター

投稿日:2016年08月25日 投稿者:

マグネチックアダプターをMCトランスとCDプレーヤーで聞いてみました。

DSC00703 - コピー (800x599)DSC00698 (800x711)

どちらも十分な時間をかけてはないのですがそれでも装着すると音の変化は即現れます。

とにかく音の鮮度が格段に向上し余韻がまこともって綺麗に聞こえます。

余韻が艶っぽく綺麗なのは管球アンプとの相乗効果でもあると思いますが

 

音がフレッシュになり古いノイズ交じりの映画がデジタルリマスターで蘇ったような違いを感じます。

十分な時間をかければより滑らかで細かい表現が再現されるようになるのでしょうが

このマグネチックアダプターやウェイブガイドを効果的に使うには現在の装置やその環境を冷静にみて

トタールバランスの向上に繋がる見極めが重要と思います。

少なくともこれらの磁気伝導技術を応用した信号伝送を正解とする立場から判断したとすれば

従来の信号伝送にはまだ付帯音を伴う傾向を拭い去れない共通したものがあると言えそうです。

しかしその付帯音がリスナーの耳には快い快感に通じていることも多々あるということを

経験上いたるところで教えられて来たのも事実です。

これらの製品はただのアクセサリーではありません、うまく導入すれば上記の枠を超えた

治療的効果により付帯音により音の妥協点を見出していたと気づく人もいるはずです。

好きであろがなかろうが正しい音の再生を目指すことにマイナスの要素があってはならないのですが・・・・