フローティングレポート❷

投稿日:2016年11月21日 投稿者:

CDプレーヤーでのフローティング効果もぜひやってみてくれとの要望もありましたので

定休日の本日アナログプレーヤーから移動してDCD-2500NEをフローティングさせてみました。

dsc00855-800x560

やはりというかそれまでの厳選して使用していたつもりのインシュレーターも無意味だったと感じさせる音に言葉なし・・

とにかく音が滑らかで楽器や声の消え入る時の絶妙の余韻や空気感には思わず「ドキッ」でした。

CDにこういった印象を受けたことはなかったので「こりゃえらこっちゃ」です。

アナログに比べデジタルはどっちかと言えば音が硬質で懐が浅くLPのような空気感が得られない気がしていましたが

これを聞くとそれらの不満が大きく解消していることに気が付くでしょう。

オーケストラでは重なる各楽器の明瞭度が増し歪感も減少しますからスケール感も奥行き感も増大します。

この効果はCDもLPも同じで音楽をストレスフリーに近い感覚で楽しめるようになりますから

途中止めしていたソフトも最後までついつい聞いてしまうという現象が起きるはずです。

これからもCD(DSDディスク)一本で行こうとする人ならこれは絶対に導入すべきで価格対効果からしても

これは安い買い物としか言いようがありません・・・が限定生産品ですお早めに