フローティングレポート❸

投稿日:2016年11月27日 投稿者:

フローティングボード530は大人気となりLPとCDのプレーヤー用に2台購入するユーザーもいます。

それはCDプレーヤーの音質が期待を裏切るほどの向上に驚くことになったからです。

CDプレーヤーのレーザーピックアップが受ける振動の大幅軽減はそれだけ補正回路の働きを

少なくすることになり結果的に記録信号がより正確になると考えて間違いないでしょう。

補正回路は優れた技術ですが新たに作曲したような信号を欠落部分に埋め込むのですから

化粧するのと同じように素顔とは違ってきます。

通常インシュレーター使って音質コントロールを試みますがいずれも材質や形状の違いによる

妥協点を見出しているに過ぎなかったことにも気が付いてきます。

その差が聞く耳には想定外の結果として現れてくればフローティングの効果は無視できません。

そして少しでもいい音で聴こうと今まで以上にLPやCDを丁寧にクリーニングしたくもなります。

限定販売品ですからいつ無くなるか分かりません 振り切れの場合はゴメンナサイ。

 

受注入荷したRELAXA530

dsc00864-585x800