ドライカーボン

投稿日:2017年02月12日 投稿者:

純度約80%の最高級ドライカーボンを採用した真空管スペーサーのMT管用を

パワーアンプの初段でテストしてみて大変良好な効果を確認したので

今度はプリアンプのライン出力用のECC82/12AU7に装着して聞いてみました。DSC01022 (800x477)

予想どうりの好結果が得られましたのでもう取り外すことは出来そうにありません。

多くのハイテク分野が採用しているカーボン素材ですがここではその制振効果

と電磁波ノイズ等の軽減による大きな音質改善が期待できることです。

プリアンプでの脱着による音の違いは店頭では時間的に厳しいので簡単には出来ませんが

一度装着するとその安定したサウンドは「おお~っ!!」とまず取り外せないと思います。

出力管用6550/KT88や300B用もありますがまずはプリアンプからではと思います。

MT管用CT-1A¥6.000/個(税別)は見た目上高いと思われるかもしれませんが

そのサウンドを聴けば決して高くなかったことになるでしょう。

気に入ったユーザーは出力管用を含めまとめ買いされる方が多いとの情報もあります。