フローティング・アブソーバー

投稿日:2017年04月14日 投稿者:

NeoFlexのマグネティック・アブソーバーXL-4を試聴しています。

1個当たりの耐荷重1.5~15Kgなので4個使用すれば最大60Kgまでの機器を

フローティングさせることが可能となっています。

DSC01265 (800x599)

底面のネジ式キャップをコインなどで回転させることでフローティングの

最適化を行うことができます。

が機器を設置した後の調整は出来ないのでセッティングはやや面倒で細かに調整するには

時間を要するかも知れません。

CDプレーヤーをフローティングさせてみると効果は即現れ濁りの少ない音質が得られました。

適切な設置位置については細かい指示がありますが無視してとりあえずやってみただけですから

最適位置と水平バランスがとれれば本領発揮となるのでしょう。

ガラス面をフローティングさせるSAPのフローティングボードとはその効果が同じではないようです。

どちらを好むかはフローティングさせる機器やその質感の好き嫌いも出てくでしょうが

試聴したXLタイプは個人的には30Kgオーバーの回転機器でない重量級アンプなどにいいのでは

という印象をもったのですがどうなんでしょうか。