スピーカーのフローティングⅢ

投稿日:2017年08月03日 投稿者:

スピーカーをフローティングさせることには賛否両論ありますが

そのほとんどはやらずして理論や想像で語ることが多いのが残念です・・

小型のスピーカーなら簡単に比較も出来ますが大型となれば結構大変ですから

そうなるのも生かし方ないことかもしれませんが・・

 

ブルーの御影石をスパイクで持ち上げた上にスピーカーを設置したもの

DSC01371 (800x600)

今回のウェルフロートボードの試聴で得たことはいろいろありますが

そのスピーカーの設置されている環境によっては効果も様々であり

良し悪しはリスナーの音楽感の違いもあるということでしょうか。

また最終的にはその環境でやってみないと分からないところがあるのも確かでしょう。

大筋当店のような地面フロアそのものにスピーカーのスパイクを突き立てているのと

一般的な床上設置では低音域の再生音にその違いが出てきますが

フローティング効果は床上設置のスピーカーのほうがその効果が大きいと思いました。

ぞれは振動経路が複雑になるだけ非直線歪も多いことが考えられるからです。

この現象を避けるにはスピーカーを完全に浮かさなければならないという考えに結びつきます。

投資額に対する効果の大きさを考えれば真剣に検討する価値は十分にあると思います。