リジェネレーター

投稿日:2018年08月02日 投稿者:

PSオーディオの DirectStream P20 Power Plantに続き姉妹機P12を試聴しました。

IMG_2947 (800x532)

品格と音質はpower Plant20周年記念モデルにふさわしいもので

ともすれば物理特性の改善は多少みられるものの音楽性の向上には

至ってない電源機器が多い中で音楽の楽しさと安堵感の向上を

これほどまで強く感じさせてくれたのは初めてでした。

マルチウェーブとサインウェーブの違いは前機にも増してはっきり出ており

電源の設定違いで音が変化する面白さは新しい音の選択肢となりそうです。

 

店頭チェックでのディスプレー表示の一例

電源品質の目安となる全高調波歪(THD)の改善効果

入力THD(約1.5%)これは少ない方です      改善後のTHD(0.1%以下)

IMG_2934 (800x534) IMG_2933 (800x534)

消費電力表示 約190W

IMG_2935 (800x534)

 

定格入力電圧:AC100V(AC75V~120V)

定格出力電圧:AC100V±1V (95V~115V)の範囲で設定

power plantは出力容量の違いでP20/P15/P12の3機種が登場しています。

P20定格出力容量:1700VA(20A時)

P15定格出力容量:1200VA(15A時)

P12定格出力容量:1000VA(15A時)

機器の使用環境に応じてお選びください。