バランス伝送❷

投稿日:2018年08月30日 投稿者:

試聴中のローテルRCD1572CDプレーヤーの出力(デジタル・バランス・RCA)

それぞれをPSオーディオGain cell DACへ接続して聴き比べてみました。

Gain Cell DACはDAコンバーター搭載のプリアンプとしてと使用

DSC02006 (716x800)

パワーアンプはPSオーディオのS300をバランス接続で使用

DSC02008 (800x449)

CD➡Gain Cell DACをRCAケーブルで接続した音はどうしようもないくらい面白くありません。

CD➡Gain Cell DACをバランス接続で聞くと音量も上がりますが質感も一気に向上し

この時点での満足度は十分でした。

CD➡Gain Cell DACを同軸デジタルケーブルで接続しGain Cell DACでDA変換すると

音のニュアンスが結構変わりましたがコンバーターが違うのですから当然なのですが

今回の試聴テストはバランス接続が主ですからその点からすれば濃く説得力のある

バランス接続は大正解だった気がします。

バランス回路にはいろいろあってトランス式・フルバランス回路・オペアンプ型などまちまちで

それぞれ一長一短がありますがどの方式でもまずは使ってみるべきです。

それより気になるのはバランス出力が+6dBになってなくRCA出力と同電圧に設定されていたり

入力側も感度を低く設定してあったりと一様ではないのでバランス伝送の効果が

分かりやすく発揮されないことが多々ありますからその機器の

入出力スペックには注意が必要です。