弩級の拘り❷

投稿日:2018年10月25日 投稿者:

オーディオ歴40年越えのA氏が入手30年越えでついに完成させたレコードプレーヤー

日本電気音響株式会社(現DENON)製DN-43H型円盤式録音装置(1958年製造)を

A氏独自の設計によりリファインし組み立てたド級のSP/LPレコードプレーヤーで

特注ウェルフロートボードにかかる総重量は250kgオーバーとなりましたが問題ありません。

IMG_3360 (800x775)

太平洋戦争終戦時に玉音放送の録音を行った坪田耕一氏率いるDENONが1950年代に

アメリカプレスト社のプレーヤーを参考にモディファイしたギアドライブプレーヤーで

NHK技研での録音時のカッティングや放送局の送り出しに使用されていたものです。

トーンアーム+カートリッジをA氏設計の特注ボードに組み込みました。

FR-66S+ZAIKA MC5/2H    Fairchild/281+220A  ortofon297+TypeC Westernelectric5A+9A

4本のアームがそれぞれ使用できるように工夫されています。

IMG_3362 (800x524)

重量50Kgを超えるギアドライブモーターが想像を絶するトルクを発生し

EMT927プレーヤーも並みの音に聞こえてしまいこの日はその後出番なしでした。

IMG_3328 (800x533)

昭和34年のDN-43Hの貴重品取り扱い説明書

DSC02134