仮想アース

投稿日:2019年03月22日 投稿者:

TiGLONの仮想アースボードの上にRELAXAフローティングボードを置き

その上にSR-7Aコントロールアンプを設置して聞いてみました。

DSC02489 (2) (800x496)

この場合アンプはフローティングされているのでベースのアーシングボードによる

振動対策的変化は無いと見るべきでしょうがこのように設置してみた理由は

アンプ本体とアーシングボードをケーブルで接続する仮想アースしてみることでした。

DSC02490 (800x600)

付属のマグネシウムシールド線をアンプのアース端子に接続するか

しないかですから比較は単純明確でノイズ感の減少は誰にもすぐ分かります。

弦の響きやピアノの余韻はSIXTH ELEMENTととの相乗効果で

かつてないほどの3D効果が得られています。

仮想アーシングボードはフローティングしてない機器には

アンダーボードーと仮想アースの2つの効果が期待出来る優れた製品です。

 

都合により3月24日(日)~25日(月)を休業いたします。