速やかに脱着

投稿日:2020年09月04日 投稿者:

同型MCカートリッジZMC-3とZMC-3.5Aを5個所有するユーザーがいます。

IMG_8574 - コピー (800x384)

基本的には同じカートリッジですが若干仕様が異なるのと

ヘッドシェルやリードワイヤーがそれぞれ違うので同じ音がしないところが面白い。

シェル脱着により速やかに5色の音色でいざ勝負・・・?

 

ところが近年のレコードプレーヤー搭載のトーンアームはシェル一体型が多くなり

(中級機以上のプレーヤーにこの傾向が多々見られます)

カートリッジ交換は設置したプレヤー上で作業することになりますから

容易ではなく結構面倒である程度の技術と慣れも必要です。

時間もそれなりに要しますから速やかにカートリッジ交換は行えず

シェル交換型カートリッジのように短時間で音色違いを比較試聴することは出来ません。

ましてややろうにも自信もなく出来ない人がたくさんいます。

無理して中腰で交換中にリード線チップを破損した人も結構います。

そうなるとアーム修理には時間も費用もかなり掛かります。

 

もちろんシェル一体型アームにはそうする理由があるからと理解すべきでしょうが・・

貴方はどっち派かな・・・